2011年08月27日

人材募集における携帯•スマートフォンマーケティングの最前線セミナー

国際フォーラム.jpg

昨日、HRソリューソンズ主催で、有楽町の国際フォーラムで開催された『人材募集における携帯•スマートフォンマーケティングの最前線』と言うセミナーに参加してきました。
HRソリューソンズ社は、人材採用支援の会社で、武井社長とも親しくさせていただいておりますが、元リクルートの田辺さんが入社して、ますます目の離せない会社になりました。
今後も特に採用マーケットにおけるITソリューションは、どの会社の人事でも最重要テーマではないでしょうか。

お話をお聞きするに、人材採用と学生募集の方法や戦略の類似点が多く、日頃の学生募集の再確認のようなセミナーでした。
第2部では牛角の会社(株)レインズインターナショナルの取締役戸津さんのお話で、“牛角ファンのスタッフ化プロセス”というモノで、アルバイトを“パートナー”と呼び、スタッフ目線で良い店作りをして行こうと言う姿勢に共感を受けました。

また、採用メディアとしての『紹介=口コミ』『自社媒体』のロイヤリティの高さの話は、媒体のパラダイムシフトで、全業種で起っている事であると実感しました。
まさに大学専門学校の教育業界と同じ傾向にあります。
そして、デバイスの傾向も類似しており、ここ2年で携帯•スマフォが3.1倍になって来ているとの事です。

業界や目的は違いますが、購買や採用あるいは学生募集と言うマーケティング方法は、AIDMAのプロセスとしては同様で、業界の枠を超えて社会の動きを再確認出来るセミナーで、勉強になりました。
やはり、日頃から自分の関わる分野だけではなく、広くアンテナを張って色々なものをキャッチアップしていかなければです。

教育企画センター 櫻田

posted by pcpe at 08:30| Comment(0) | 教育関連全般

2011年08月13日

夏のオープンキャンパス前半戦を終えて

8月もお盆を前にして、前半戦の夏のオープンキャンパス(以下OC)が終了しましたが、皆様方の学校では、順調に集客/運営/フォローが出来ましたでしょうか?

OC2011年夏.jpg

夏の前半戦は、高校生が動く時期なので、年間を通しても一番力を入れたいシーズンです。
今年も何校かのOCに参加させていただき、気づいた点を申し上げると『イベント(OC)は1にも2にも集客と言う事』です。

最近は、学生募集に力を入れている専門学校などは“多数開催少数対応型”のOCになってきていますが、兎に角、毎日やろうと言う事で、夏休みも毎日フル稼働で対応しています。

機会の拡大と言う事では、良いと思うのですが、集客規模に比べて明らかに開催日程が多い学校だと、OC参加者が、毎回一桁、下手すると学スタの方が人数が多く、来校者が萎縮してしまうと言うケースが出てきています。

20年前、私が専門学校の広報室長をしている時に、これからの大学専門学校は、生き残りをかけた戦国時代になるので、年間100日体験をやって,1回に来る人数を20名前後にして、徹底的にOnetoOneをして行こうと導入してしまいましたが、今では、本格的な少子化なので、逆効果の場合が多く見受けられます。

OC参加者が多過ぎて、1人1人の個別面談が出来ないと言うのも来校出願率的にネックになりますが、回数が多くて、1回の来校者が数名で、「この学校大丈夫なのかな?」と言う状態も避けたい所です。

それには、計画的な目標設定で、1回ごとの参加者数、参加者出願数/率等をシュミレーションして、属性や出願確度、阻害要因等の分析を加えたデーターベースマーケティングの徹底した対応をしていただければ、効果的なOCの来校から出願までの導線上での戦略化が出来て来ます。

とは言え、人間やっているものを“やめる勇気”と言うのは、“やる勇気“の数倍のパワーがいる所なので、慎重にかつ大胆に決断いただければと思います。
弊社では、各大学•専門学校の自学にあったOCの調査や再構築の企画/運営支援も積極的にお手伝いしていますので、何なりとご相談やご質問をいただければと思います。

お盆明けからの各大学・専門学校の後期募集の成功を祈念しています。

教育企画センター 櫻田

posted by pcpe at 08:48| Comment(0) | 学校イベント戦略