2009年07月31日

学内研修で全学体制を強化すべし!

女子高学内学生募集セミナー

昨日某女子高等学校で、学生募集に関する学内セミナーを実施させていただきました。
タイトルは”入試広報戦略〜学校説明会のノウハウ〜”と言うもので、入試広報の教員を対象に学生募集に係る方々に参加いただきました。
校長先生にも聴講いただき、全学体制の必要性を含めて、お話をさせていただきました。
アンケート結果を拝見させていただく限り、全学体制の必要性や入試広報のマーケティング戦略の基本は理解いただけたのかと思います。
やはり、内部研修で、教職員の考え方や入試広報のスキルUPを図っていくことは必要なことだなと痛感しました。

その中で、以前からブログでも取り上げている『特長』と『強み』のワークショップを行ったのですが、結果、教員間での認識の違いが浮き彫りになり、基本の基本である学校のウリが出来ていないという結果になりました。
よく、どうやって学校説明会をやったら良いのでしょうか?と言う質問をいただくのですが、まずは『特長』と『強み』を全教職員が理解し、自信を持って来校者に伝えていくと言うことが重要です。
その為にも全学体制の強化と『特長』と『強み』の構築を是非とも図っていただければと思います。

また、学内セミナーとは別ですが、その女子高の玄関と進学室に某専門学校のパンフレット設置ツールがありました。
大学・専門学校の高校訪問戦略が熱を帯びている中、大手専門学校は、着実に1校1校高校を訪問して攻略している表れだなあと感じました。

教育企画センター 櫻田

posted by pcpe at 10:50| Comment(0) | 学校コンサルティング