2012年05月09日

”専門学校の今後のWEB広報のあり方”の学内研修を実施しました。


学内研修120509 .png

今日は、ある専門学校の広報責任者の方々に向けた“WEB広報戦略”の学内研修を行いました。

研修は、これからのWEB広報のあり方と言うものがメインで、市場の変化としての“大学の専門学校化”や価値の変化としての“マーケティング3.0”が、今後の専門学校のWEB広報戦略にどう影響し、どのように捉えるべきかと言うプロローグで始めました。

その後、WEB実績から紐解いた自校媒体と非自校媒体の割合や資料請求来校率、資料請求出願率の比較などを行い、自校にあったWEB戦略の目的化や目標化、そしてそれにリンクした予算化の話をしました。

戦略的予算化では、広報責任者の方の媒体別の予算のパラダイムシフトが必要だと言う事を力説しましたが、この辺は、この専門学校に限らず、どの大学・短大・専門学校でも当てはまる事で、どうしても前年を踏襲してしまい、大きな変化にチャレンジする事は難しいと言う意見も出ました。

最後にレシポンシブルWEBデザインの話をして、oneコンテンツマルチデバイスと言う考えの中でのWEBトレンドの話で締めくくりました。

世の中、ホント変化が激しいので、先手先手で戦略化をして、都度軌道修正していく、WEB広報の最適化が重要になってきます。

教育企画センター 櫻田

posted by pcpe at 16:20| Comment(0) | 学生募集研修

2012年04月13日

ブラックボード〜時代と戦った教師たち〜を観て

時代にはその時々のライフスタイルでの人生やお金や物の価値観があります。
そしてそれを支える道徳観や倫理観によって、社会生活は様々な人間関係で構成されています。

ブラックボード.png

先週放映されたTBSの“ブラックボード〜時代と戦った教師たち〜”は、第1部の『軍国主義』から第2部の『校内暴力』そして第3部の『学級崩壊』とまさに時代を反映して、感受性豊かな中学生が社会とどう向き合って行くかの中での“先生”と“生徒”の姿を描いていました。

特に第2部の『校内暴力』時代は、自分自身も教育実習で、母校の中学校に行き、竹刀を片手に授業をした事を思い出してしまいました。(笑)
今、教育実習でそんな事をしたら、即OUTなのかもしれませんが。。。

時代は繰り返すと言いますが、教育現場では、学校と家庭、先生と生徒の関係は“社会環境の変化”“時代が変わったから”と言う理由では逃げ切れない大切な物があると再認識しました。
それにしても年を取ったせいか、最後の平川綾香さんのテーマソング「BLESSING祝福」が流れると毎回涙したのは、私だけではないのではないでしょうか。

やはり、学校の原点は、『先生』と『生徒』の絆ですね。
是非皆さんも”ブラックボード”をご覧になって、原点回帰して、本年度の学生募集のリ・スタートにしてください。

教育企画センター 櫻田

posted by pcpe at 10:09| Comment(0) | 教育関連全般

2012年03月23日

今日は大阪で”ブランド戦略”のセミナーを実施しました。

大阪ブランドセミナー120323.jpg

今日は大阪で16大学が出資するエデュースさんの学生募集戦略セミナーに講師として、参加しました。
内容的には、先週の東京でのセミナーと同じで、『真の学校ブランド戦略とは!?』と言うものです。
今日も多くの大学・専門学校の入試広報の責任者、担当者の方に参加いただきました。
ご参加ありがとうございます。

これからの学生募集戦略を含めた学校力を上げる戦略としては、やはり“ブランド戦略”が重要になってくるのではないでしょうか。
そんな思いも込めて、最後にこの一句で締めました。

武士の矢橋.png

18年先の高校生マーケットは予見できているので、是非”ブランド戦略”を全学体制で推進していただければと思います。

教育企画センター 櫻田

posted by pcpe at 14:59| Comment(0) | 学生募集セミナー